アルコールと睡眠薬の摂取で起こるいびき

これまでに紹介したいびきの原因とは少し違いますが、アルコールや睡眠薬の摂取によっていびきが起こることもあります。アルコールや睡眠薬によって起こるいびきは一過性のものが多いのですが、どのような仕組みでいびきをかくようになるのでしょうか。

 

アルコールを飲むと全身の筋肉が緩むようになります。お酒を飲んで酔っ払うと体も心もリラックスして開放的になることがありますよね。筋肉が緩んだリラックス状態になっている時というのは、睡眠時も舌が喉の奥に落ち込んで気道が狭くなってしまうようになるので、どうしてもいびきをかきやすくなってしまいます。

 

体の中にアルコールが入って回ると血行が促進されるようになって鼻の奥の血管も膨張するようになります。そうすると鼻詰まりも起こしやすくなるのですが、鼻が詰まると口呼吸をするようになってそれもいびきをかく原因となります。普段はいびきをかかない人や、かいてもそこまで大きないびきではないので気にならないという人でも、アルコールを飲んだ時はいびきをかくというようなことも少なくないでしょう。

 

その人の体質や、その時の体調、飲んだ時間によっていびきの度合いも変わりますが、特に寝る前や深夜にアルコールを飲むといびきが起こりやすくなるとされています。アルコールの量=いびきの加減に比例すしやすいと言えるかもしれません。アルコールを摂取した時だけいびきをかくというのであれば、一過性のものであることが多いので特に心配する必要はないです。

 

アルコールと同じで睡眠薬などの精神安定剤を服用していても、その薬が要因になっていびきを引き起こす可能性があります。いびきの悩みを抱えていて、睡眠薬や精神安定剤を服用しているんであれば、薬がいびきの原因かもしれないということを1度考えてみましょう。
睡眠薬や精神安定剤などの薬には、筋肉の緊張を緩める筋弛緩作用があります。飲んでいる薬によって作用の強さは違ってきますが、多かれ少なかれそのような種類の薬には筋弛緩作用が含まれているのが一般的です。

 

体の筋肉の緊張を取ってくれるということは、舌や咽頭などの部分の筋肉も緩みやすくなるので、呼吸をする時に空気の通り道になっている気道が狭くなります。気道が狭くなるとどうしてもいびきが起こりやすくなります。
アルコールによって体が緩むのと同じ仕組みですね。

 

いずれの場合でも共通して言えることは、どちらも筋肉の緊張が緩まって気道が狭くなることでいびきが引き起こされるということと、一過性であることがほとんどであるということです。

 

アルコール,睡眠薬,いびき

 

>>管理人おすすめ《いびきサプリ》はこちら<<

関連ページ

顎が小さすぎて起こるいびき
小顔に憧れている人はとても多いですよね。整形で顎の骨を削って小顔になろうとする人もいるぐらいです。確かに小顔だとスタイルが良く見えますし素敵ですが、小顔の人は顎が小さいことが多いです。顎が小さくてシュッとしていて小さな顔だと噛みあわせが悪くなっていびきの原因になってしまうことがあるのです。
口呼吸が原因で起こるいびき
いびきをかいていることを自分で気付いていない人は多いですよね。いびきをかく原因にもさまざまなことが考えられますが、その原因の1つが「口呼吸」です。口呼吸をしている人はいびきをかきやすいとされていて、実際にいびきをかいている人のほとんどが口呼吸をしています。
首周りの脂肪により起こるいびき
首回りの脂肪はパッと見ただけでは分かりません。体や見た目は太っていなくても二重アゴという人は注意が必要です。二重アゴになっているということは、舌を支える筋肉や首を覆う筋肉が衰えてしまっている証拠です。舌を支えている筋肉の衰えは舌の喉の奥への落ち込みをさらにひどくさせるので、気道を狭くしていびきの原因になってしまうのです。
女性ホルモンが減少して起こるいびき
女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、呼吸中枢を刺激する働きも持っているので、女性ホルモンがたくさんあるうちは気道の広さを保ちやすいです。そのため女性の方がいびきをかく人が少ないと言えるのですが、女性ホルモンの分泌量は更年期をさかいに減少します。
上気道抵抗症候群について
上気道抵抗症候群は一種の呼吸障害になるのですが、寝ているときだけに起こる障害です。起きているときは何の症状もありません。寝ている時だけ上気道が狭くなってしまうわけですが、今でも原因は明らかになっていません。顎が小さいことも原因ではないかと考えられていますが、明確にはされていません。
いびきで睡眠時無呼吸症候群になる人は、命の危険があります!
睡眠時無呼吸症候群という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。いびきの一種とされていますが、いびきのようにただ音がうるさいという症状だけを言うわけではありません。どのようなものか簡単に言えば、眠っている間に呼吸が止まる病気になります。
単純いびき症について
ひとくちにいびきと言ってもいろいろな種類があるのですが、大きく分けると「「睡眠時無呼吸症候群」と「単純いびき症」、「上気道抵抗症候群」の3つに分けることが出来ます。睡眠時無呼吸症候群のように呼吸が止まって健康に影響を及ぼしてしまう危険があるいびきもありますが、単純いびき症は健康に特に影響のない一時的ないびきのことを言います。
鼻が慢性的に詰まって起こるいびき
いびきは鼻詰まりによっても起こるようになると言われています。子供でも風邪を引いて鼻が詰まった時などにいびきをかいていることがありますが、鼻が詰まって鼻呼吸をすることが出来なくなることによっていびきをかいてしまっている人も少なくありません。
扁桃腺が大きすぎて起こるいびき
扁桃腺とびきも関係していると言われています。扁桃腺が大きいと喉が圧迫されることになりますので、空気の通り道である気道を狭くしてしまいます。気道が狭くなると空気の通りが悪くなり空気が通るたびに振動が起こるので、それがいびきになります。
女性のいびきが原因でドン引きされる5つの原因とは!
女性でいびきで悩んでいる人に朗報!パートナーにどん引きされる前に、いびきの治し方を伝授します。こんなに簡単なら、もっと早くに原因を追究しておくべきでした。レビューで大絶賛されています。女性のいびきが原因でドン引きされる5つの原因を教えます!